メニュー

88プロダクション


ビジネスというものは売上があってはじめて利益の話ができるものです。
顧客が0なら利益がでるはずがありませんね。

 

とても単純な話です。
「売上-経費=利益」算数です。そこに難しい方程式や因数分解はありません。
したがって、「売上」が獲れなければ儲かるわけがありません。
社会にとって重要な仕事をしていても、
地域にとって大きく貢献していても、
利益が出ないと続けられません。

つまり、できたとしても限定期間の貢献になってしまうわけで、それは勿体ない話しです。
そして結果的には「もったいない」では収まらず、
頑張ったのに意味すらないものになってしまいます。
女性の起業家さんは「思い」が強い分、ビジネスモデルを作ることが苦手で
キャッシュポイントを不明確にしてしまいがちです。
(これは私の関わりの中だけの主観ですが )
すごくイイコトをやっているのに、常に売上に苦しんでいるようにも見える。
そのビジネスが適正に利益を出していければもっと貢献できるのに。

そんな中で今日は「売上が悪いのはなぜか」という問いから始めてみようと思います。
「売上が悪い原因」。もう少し正確に言うと
「売上が計画通りにつくれない原因」というのは何なんだろうか。

不景気だから?
商品が良くないから?
競争相手が多いから?
価格競争が激しいから?
大手が参入してきたから?
業界が陳腐化してきたから?

もしこの中にいくつか原因があると思った方は要注意です。


OTHER NEWS

一覧へ

TOPへ