メニュー

88プロダクション


アイデア実現法則




例えば、 新しいトレンドの風が吹くときに

そのトレンドを創りだす人がいる。

それは誰かが仕掛けなきゃ出てこないんだからそうなんでしょ。

と思った人は少なくとも「何かを起こす人」ではない気がする。

 

何かを起こす」ということには

起こす何か」を模索する習慣が必要だ。

 

または、瞬間的にアイデアが浮かびやすく、

それを頭の中でビジュアライズしてすぐにメモを取り

まとめておく習慣。。

すなわち「アイデアマン」であることが必要になる。

 

こんなものがあったらいいのに。

これができればもっと快適になるのに。

ここをこれに変えれば更にスピードアップするのに。

 

そんな欲求の強い“アイデアマン”が、

それをカタチにできるのではないかと思う。

 

 

「トレンド」というやつは

誰かが何かを意図して仕掛けたことに対して

「結果」として起こるものだと思う。
Innovator理論とは少し表現が違うが

トレンドを創る人を Swinger といい、

トレンドの最先端を走る人を Innovatorと呼ぶ。

 

そしてそのトレンドが流行しだしてから意識し始める moderate。

実は世の中の流行に対して、このmoderateは80%を占める。

 

すなわちmoderateが増えないと、

「トレンドは創れなかった」と

結果的にはそうなってしまう。

 

しかも Swingerは全体の3%。

Innovatorは5%しかいないことを考えると、

 

「僕なんかは完全にmoderateだ」と思えてくる。

 

そもそも僕は「トレンド」を創ったこともない。

誰かが作った「トレンド」を誰よりも先に取り入れたこともない。

みんなが話題にして、身に付けたり食べたりした頃から

「ちょっと見てみようかな」と思うだけだ。

 

そんなmoderateな僕のようなタイプが

「何かを起こす人」になるためには

 

たぶん「気合と根性」ではなく、

ファンタジックな幻想でもなく、

かといってスピリチュアルな何かでもなく、

 

「自分の行動を変えること」しかない。

 

ひと昔前に「プロジェクトX」という番組があった。

実話をもとにしたドラマ仕立てで、僕はとても好きだった。

そもそも人間は

「誰も成し遂げられなかったことを成し遂げた人たちの物語」が

好きなんだと思う。

 

なぜ彼らはそれを成し遂げることができたのか。

 

その中にはアイデアを形にするヒントが詰まっている。

ひとりのアイデアをチームみんなが頭の中で

ビジュアライズしたからこそ成し遂げたのだと思う。

 

彼ら以外の人はみんな嘲笑っていたけど、

それでも彼らは本気でできると思っていたから、

結果的に成し遂げられたのだと思う。

 

皆さんの「アイデア」はどうでしょうか。

 

Moderateのアイデアは 周りの人達が笑うかもしれない。

Moderateのアイデアは 専門家があらゆる切り口で反対するかもしれない。

Moderateのアイデアは 家族や友達に心配されるかもしれない。

Moderateのアイデアは 自分でさえどうせ無理だと思うかもしれない。

 

 

でも「何かを起こす人」というのは

その挫折や障害を乗り越えることさえも

「プロジェクトXのストーリー」のように考えちゃうんじゃないかな。

 

 

僕の周りにはたくさんの起業家がいます。

 

彼らはうまく 

自分が曇りなくそう考えることで、

「自分の行動」をコントロールできるようになるのです。

 

本能で「早くそれを実現させたい」と思うから、

それを実現させるための「行動」をするのです。

 

 

人には3つのタイプがあります。

 

何かを起こす人。

何かが起きるのを見ている人。

何が起きたのか尋ねる人。

 

「何かを起こす人」はタイプだけじゃない。

Moderatorだって習慣を変えれば「何か」を起こせます。




 


OTHER NEWS

一覧へ

TOPへ