メニュー

88プロダクション


 




 

ブランディング=「デザイン」だと思っている人がいます。

デザインは直接的に訴求できるものなので、必要なアイテムではありますが、「イコール」ではありません。
デザインは「手段」であり、ブランディングは「結果」です。そしてブランディングは「目的」でもありません。

だから経営者が自分でやる領域のことではなく、ブランディングは間違いなく専門のノウハウが必要です。

経営者として「売れていない」と感じるのならば、ブランディングは必須です。

当社のブランディングは、顧客が「買うという選択をする」ことを逆算して創り上げています。
つまり、「売れるためのブランディング」。それが当社の特徴です。
私たちはそれを「ブランディングの6フロー」と呼んでいますが、ブランディングを構築するときに「顧客心理」と「顧客の行動」を6段階に分けて戦略立案するのです。

 

 

① 気付く・知る (これは見つけてもらう戦略。例えばWEBであればSEOなど)
 

②好印象を抱く (直感的に「これいいな」と思わせる。つまりがビジュアル)
 

③興味がわく  (どんな意味があるものなのか。それを購入する自分のメリットは?)
 

④価値を感じる (他のものではない、それを買う意味や差別化された情報、ネタ。USP)
 

⑤「欲しい」と思い始める (買う前提で、いつ買うか、安心かどうか、経済的に自分に買えるか)
 

⑥「買う」を選択する (衝動買いも慎重買いもこの一押しが必要。支払い方法も多様化させる)
 

 

 

「売れる」ためのブランディングであれば、デザインにもストーリーにも「意図」が必要です。

「ただかっこいいだけのデザイン、自分好みのカラー」を選ぶのではなく、その商品やその店舗・企業が「どんな価値を提供しているのか」。

そしてその「価値」とは何か。わかりやすいか。伝わりやすいか。

その価値を、多くの方々が評価してくれるための「6フロー」を考えて、それに合った、その価値に合致したデザインやカラーを選択していく。

それが当社が行う具体的なブランディング制作のスタンダードです。


OTHER NEWS

一覧へ

TOPへ